Mozart String Quartet No.19 Dissonance

音楽
04 /05 2012
モーツァルトと親しかったハイドン献呈した弦楽四重奏曲集「ハイドンセット」の中の1曲。「不協和音」というニックネームで呼ばれる弦楽四重奏曲第19番ハ長調(K.465)の本番がありました。

001_convert_20120406114736.jpg


なぜか、衣装は赤。笑。あ・・・顔見えちゃうのいやだから、ちょっと写真は小さめです。(あ・・・そんなに小さくなかったかも・・・)


何が不協和音って・・・第一楽章のゆっくりした序奏部の出だしです。

不協和音を楽曲の中で「わざと」利用するようになるのは主にロマン派以降ですが、尊敬するハイドンへの曲集の中でこういった実験的な最先端な技術を披露したのは、どういう意図があったんだろうとちょっくら気になるところです。

出だしは、ものすごく混沌としていますが、それ以降のさわやかな秩序ある響きはやっぱりモーツァルトですね。

個人的には、第4楽章が好きです。快活なフィナーレ♪そして、急激な転調で一瞬別世界に行ったような感じになれるあの楽しさ。

室内楽やる時、メンバーの仲の良さってのが気になるところですが、このメンバーとは本当にプライベート、リハーサルも仲良くできたと思います。楽しい本番でした☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

このフォトは^^

きゃ~(n‘∀‘)η、みっち様、可愛い!!

手前の男性二人が大柄な為か、みっち様がとても小柄でキュートに見えますね。羨ましい~。

私は日本女性としてはちょっと大柄な方なので、コンプレックスがあるの(´Д⊂


私は一時、モーツァルトに「狂っていた?」ことがありますので、ハイドン・セットはメチャ好きですし、この「不協和音」もよく聴いたものです。

楽譜が無いのでよく分からないのですが、冒頭、第一ヴァイオリンの入り方がちょっくら「変」ですね(^<^)

半音、高い音程で入っているのでしょうか♯

>どういう意図があったんだろうとちょっくら気になるところ

半音のズレは楽譜屋さんの転記ミスと考え、真面目に調べた人もいたようですね(~_~;)

ネアカ?なみっち様は第四楽章の変幻自在なアレグロが好きで、ネクラ?の私は第二楽章のアンダンテ・カンタービレが好きでありんす。いや、ホントはどの楽章も好きです。

このシリーズでは二番目のニ短調が特に好きです。やっぱり、ネクラだ、あちきは(-^〇^-)

Re: このフォトは^^

片割月さま

やー・・・恥ずかしいです。でも、お褒めのお言葉ありがとうございます!!私、アメリカ来て初めて自分が小さいって事に気づきました。日本だと普通くらいだったんですけどね。

背は大きい方がイイですよ!ぜったい!!!!!ほら、大は小を兼ねるっていうじゃないですか。


「不協和音」いい曲ですよね。冒頭の第一ヴァイオリンの入りですよ、まさに。

> 半音のズレは楽譜屋さんの転記ミスと考え、真面目に調べた人もいたようですね(~_~;)

え・・・知らなかった。そのストーリー。へ~~~!!!でも、確かに保守的な聴衆が多かった当時の背景を考えると、Mozartが意図的に不協和音にしたと考えるは斬新すぎて無理がある→ミスじゃないか?・・・なるほど、そういう考え方もある。

ミステリー。。。

モーツァルトで短調の曲がお好きとは。さすが、片月割さん!!通ですね。

No Subject

なんかとっても充実してますね!
かっこいいです!
リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。

ヴァイオリニストは

みっち様、こんばんは。

>大は小を兼ねる

なるほど(-^〇^-)、フォロー、ありがとうございます。

教えて欲しいことがあるのですが、例えばピアニストの場合はショパンが必須ですよね。彼の音楽は、必ず演奏しないとピアニストとして片手落ち?みたいな重要な位置づけがあるように思います。

ヴァイオリニストの場合はショパンの位置に該当するような音楽、曲はあるのでしょうか?

それと、みっち様は演奏家だから曲の好き嫌いを言うヒマなど無いのかもしれないけど、それでも特に好きなヴァイオリン曲はありますか?

ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンソナタ、四重奏などのアンサンブル系の室内音楽等の中で。

私が若い頃も今も変わらず一番好きなのはセザール・フランクのヴァイオリンソナタイ長調です。
例によってネクラ系の曲ですね、ブハハ。。(^^♪

Re: No Subject

こでんまるさん

ありがとうございます。リンクとか、初めてです。ありがとうございます。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
By the way, ジャズのレクチャーの動画、本当に興味深かったです!!いやぁ、すごく勉強になりました。

Re: ヴァイオリニストは

片割月さま

ヴァイオリンでショパンに匹敵するような曲・・・難しいですね。ショパンは、ものすごく素晴らしいピアニスト兼作曲家で、彼はピアノ曲しか作曲してないですからね~。。。もはや、ピアノの神様的な存在ですよね。一方で、ヴァイオリニストの場合、室内楽曲やオーケストラ等も色々こなすので、他の楽器の知識もかなり必要なんですよね。

そういう点でいうと・・・ショパンみたいな作曲家や、曲は「ない」って私は考えてしまいますけど・・・

なんか・・・そういう観点からのレポートを去年、必死になって書いた記憶が・・・苦笑。。。

私は、ピアノ曲って、ちょっと器楽曲の中では特別な存在なんじゃないかなぁって思っています。ピアノはやっぱり、それだけ素晴らしくて、音の幅もものすごくある楽器なんだって。

好きなヴァイオリン曲♪ありますよ。ジャンルが多すぎて、1曲には絞れませんが、それぞれのジャンルに分けて、新しい記事にさせていただきました(*´∀`*)

私もフランクのソナタも、結構好きな方ですよ。ネクラってそんなことないです。渋いんですって!

みっち

はじめまして!!みっちです♪

旦那さんはアメリカ人☆
たまーにヴァイオリンを弾き
たまーに英語を喋り・・
毎日楽しくをモットーに。

コメント・拍手などとっても嬉しいので、気軽に残して行ってくださね!