2012
03.16

Mendelssohn Violin Concerto

Category: 音楽
煮詰まっております。

メンデルスゾーンに苦しめられております。

メンデルスゾーン。ドイツロマン派の作曲家。

mendelssohn.jpg
(画像拝借)

彼、作曲家にしてはかなりハンサムだと思う。

そして、リッチ。お金に困らなかった作曲家って・・・なんか、嫌味。(おいおい(-"-)苦労してないから、あんな音楽かけるのね。

そんな彼が作曲したヴァイオリン協奏曲。

すごい有名です。多分、皆さん聞いたことがあると思います。フィギュアスケーターの安藤美姫選手も数年前にこれで演技していたのを覚えています。

(気になる方は、YouTubeで"メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲"で検索を。セルフサービスとなっておりますw)

ロマン派音楽を演奏する際、最も難しいのが、感覚や感情の表現。

無限大です。

メンデルスゾーンは新しくかつ面白い試みをこのヴァイオリン協奏曲でたくさん行なっています。

まず、1楽章冒頭。オーケストラの前奏が短すぎる!ほんの数秒のオケの前奏で、あんな難しい出だし、いじめだよ~!と言いたくなる。

Next...通常は1楽章の最後にあるべきカデンツァは、この曲の場合中間でこんにちは。しかも、自由に弾けるはずのカデンツァなのにメンデルスゾーン自ら作曲。カデンツァの終わりはソロバイオリンが伴奏系を担当し、オーケストラを誘導。

1楽章と2楽章。音が途切れることはありません。ファゴットがつないでくれます。これは、楽章合間の拍手を防ぐのにはいい案だと思いますが、お願い!少し、呼吸整えるくらいの休憩をいれさせて~!

そして、2楽章と3楽章も、うまーく繋がっているので、呼吸整える時間なし。

3楽章の転調はトランペットのファンファーレで変わるもんだから、イキイキと元気に行きましょー!みたいな感じで、疲れてる体にムチ打って頑張る感じ。

オケとの会話もたくさんあるし。

頭ゴチャゴチャしてきちゃってます。

でもね、すっごくいい曲であることは、間違いないですね。

私は、この曲を初めて弾いたのは小学生の6年生。

子供の頃は何も考えずに弾いてたけど、何度勉強しても、この曲は難しいって最近思います。

でも、初心にかえって、楽しく弾くのも一つの煮詰まり打破策かしら?!

とにかく、この週末が踏ん張りどこです。21日の本番までもう少し。

Have a great weekend
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://4015hmhm.blog.fc2.com/tb.php/54-89e54d0a
トラックバック
コメント
みっち様、こんにちは(^。^)/

>煮詰まっております

ということは、煮込み→見込みが出てきたということですね^^

準備は万端、仕上げを御覧じろとネ(^^♪

私は机上で想像するしかないのですが、ヴァイオリン奏者が悩むといいますか、独自の解釈を生み出す源の一つがボウイングという技術にあると聞きます。

日本語の文章で言えば、どこに点やマルを打つか、どこで段落を別けるか、ここは漢字にしようか、平仮名にしようか、みたいな?

これもみっち様がメンデルスゾーンに「苦しめられている」要素の一つでしょうか。

>何度勉強しても、この曲は難しいって最近思います

ウンウン、ここは分かるな。

知れば知るほど益々分からなくなるってことですね。

あ、イケネ、苦しんでるみっち様にネガティブなコメントをしてしまった(^。^;)

何かに行き詰った場合、散歩などは気分転換に良いといいますが、私の場合は、シャワーを浴びるか、変な話し、おトイレでじっと座ってボンヤリとします。すると、アイデアや解決策が浮かぶことが時々あります。

中学校の時、図形の難しい証明問題で、上手い補助線が見つかった時の快感ですね。
これを、アリアドネの糸とも言います。

ま、効果が無いこともあるけど(~_~;)

ところで、指揮者の小澤征爾さんはステージに立つ前の「おまじない」として、木片に必ず触れるそうです。

みっち様はそういうの、ありますか?

「案ずるより産むが易し」という格言もあります。

最後は開き直って、頑張って演奏して下さいねp(*^-^*)q がんばっ♪
片割月dot 2012.03.17 00:28 | 編集
21日の本番、頑張ってください。
nexiko2dot 2012.03.17 22:59 | 編集
片割月様

コメントありがとうございます。

もう素晴らしい励ましのお言葉☆まず、タイトルで爆笑です!!

 >煮込み→見込み

素晴らしい解釈♥そう思う事にします!

ボウイング、悩みますね。今はYouTube等も発達して、ものすごく研究材料が多いんです。素晴らしい演奏家のボウイングをカンニングしたりすることも、本当に容易なんです。いい点でもありますが、ものすごくconfusingというか・・・色々見すぎて余計に混乱するんですよね。

作曲家がオリジナルで書いてるボウイングも多いので、どこまでを尊重するかとか。。。やっぱり、メンデルスゾーンが作曲したんだから、忠実に演奏するのもありかしら?とかとか。。。考えたらきりがないですね。

あと、フィンガリング(指使い)も、重要ですね。こればっかりは、人の体型とか、指の長さ等もダイレクトに影響するので自分の身体的機能も考慮しながら、音色も考えって・・・といった感じです。

あっと・・・マニアックになってきてしまいました。

行き詰まり解決策・・・

>おトイレでじっと座ってボンヤリ

いいかも!早速、試させていただきます。

本番前のおまじないですか?!私、全然ないんですよね。なんか作ったほうがいいのかなぁって思ったりもしてるんですが。おまじないではないですが、舞台袖でやってしまう「くせ」みたいのはあります。

くっしん。(屈伸)

舞台でる直前、準備体操でよくやるあの「屈伸」。足曲げて、いちにっさんしっ!って。数年前に人に指摘されるまで全然気付かなかったんですが、なんかやってしまうんですよね。

21日、頑張ります!ありがとうございます!
みっちdot 2012.03.18 09:12 | 編集
nexiko2さま

ありがとうございます!I will do my best!!
みっちdot 2012.03.18 09:13 | 編集
分野は違いますが、僕はいつも煮つまりっぱなし!
でも煮詰まった分、美味しくなります!^^
こでんまるdot 2012.03.20 04:36 | 編集
みっち様、こんばんは。

ギャハハ。屈伸って(-^〇^-)

では、今度は腕立て伏せはいかが?

これは、いくらなんでも、危な過ぎるか(^<^)


安藤美姫選手以外に、今季は若手のホープ、村上佳菜子選手がフリー演技でメンコンを使用しています。
動画は「セルフサービス」になっています^^

その村上選手も出場するのですが、今月末に世界フィギュア選手権があります。
アメリカでも放映されるのかな?
参考までに。リンクにならないよう、hは外しました。
ttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/

みっち様の演奏会、上手く行きますように。
片割月dot 2012.03.21 08:32 | 編集
片月割さま

腕立て伏せ、さすがにやりませんでした笑。

応援ありがとうございました。色々課題は残る演奏でしたが、次につながる良い演奏会になったと思います。

とにかく、次の本番に向けて再調整です。

村上佳菜子選手もメンコン使ってるんですね。

世界選手権!日本人選手、頑張ってますね~。私も頑張ろうって本当に思います!
みっちdot 2012.03.21 21:10 | 編集
こでんまるさん

コメントありがとうございます。

煮詰まって、美味しくなればいいのですが、たまに味が濃くなって失敗作に・・・いやいや、やっぱりカレーは煮込めば煮込むほど美味しくなるし?!煮詰まった位がいいのかもしれませんね。
みっちdot 2012.03.21 21:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top