2014
04.02

Handel~Halvorsen/Passacaglia

Category: 音楽
久しぶりのクラシックな話題です(^O^)

ハルヴォルセンのパッサカリア

もともとはヴィオラとヴァイオリンのために書かれた曲ですが、個人的にはチェロとヴァイオリンバージョンが好きです♪

そして、今月にある本番では・・・"チェロとヴァイオリン"です♥

やったね(((o(*゚▽゚*)o)))

さて、このパッサカリア。原曲はヘンデルのハープシコード組曲第7番。全6楽章の最終楽章"パッサカリア"が題材になっているんです。

ヘンデルのハープシコードの原曲とハルヴォルセンの編曲バージョン、是非聴き比べて頂きたいです!!

私個人的には、全く別の印象を受けるんですよね。確かにメロディーとコード進行は一緒ですが、曲のもつ雰囲気が全くの別物だと思います。

私がこの曲を初めて聴いて、印象に残っているのが・・・
2002年9月11日アメリカ・NYでの同時多発テロのあとNYでチェロとヴァイオリンで演奏されているのをテレビで見て感動したんですーー( ;∀;)

いやはや・・・技工的には難しい曲ですが、やっぱりいい曲☆

練習がんばろーー♪
スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
back-to-top